スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の健一自然農園

いかがお過ごしですか?
アトリエの庭に小鳥達が遊びにきてくれています。
小鳥のさえずりは気持ちを落ちつかせてくれますね。

落ち着かせてくれるといえば
煎茶には仕事の疲れを取ってくれる効果があるようですね。
私は最近朝に煎茶を飲むようになりました。
それも無農薬有機栽培の緑茶です。

お茶の栽培も色や甘みを追求する上で
農薬が使われるようになったようですが
奈良県の「健一自然農園」では
http://cyaen.fai-system.com/index.htm
若者が無農薬のお茶をつくろう!と
生産してくれています。

お茶

最初は甘みが感じられないかな?
と思ったのですが
そこは鎚起銅器の急須でカバーできないかと
今は入れ方を試行錯誤してみています。
熱伝導率のよい銅の急須は
お茶の葉の開きがよいので甘みもでやすいはず。

どんな事柄も「活かす方法を探す」
ってことをあきらめなければと思います。
無農薬のお茶
是非是非、お試し下さい。

今日も素敵な一日を。

メルマガ登録解除はこちらから↓
http://merumo.ne.jp/00572692.html
スポンサーサイト

働く幸せ

みなさんいかがお過ごしですか?
今日の燕はいい天気で三寒四温
春ももうすぐですかね。

さて、今日は最近読んだ本の中から。
日本理化学工業株式会社会長、大山泰弘さん
「働く幸せ」より。
みなさんは商売繁盛の神様であるえびす様が、
い足の立たない障害者だったことをご存知でしょうか?
神話辞典によると、えびす様は「蛭子(ひるこ)」という、
いまでいう小児麻痺のような病気だったようです。
生まれてすぐ笹舟に乗せて流されてしまい
塩の流れでめぐりめぐってたどり着いたのが瀬戸内海。
笹舟を見つけた漁師が、
かわいい赤ちゃんといって家に連れて帰り、
自分で育てることにしました。
そして、町の人たちもみんな大事にして、
神様とまつったのだといいます。
祀った理由がおもしろい。
足がないことをもって、
「お足がでない」(お金が出て行かない)
といってありがたく祀ってきたのです。
ユーモアとやさしさを感じさせる、
優れた「共生の思想」だと思います。

いかがですか?
見方によって全然違うもの
になるものですよね。
日々のものづくりでも
失敗したと思ったことが
次に活かされたりするものです。

そこには
他の人にも自分にも優しさが
必要なのかもしれませんね。

それではみなさん
素敵な一日を。

炭焼職人キムさん

みなさんいかがお過ごしですか?
今年は本格的な冬ですね。
燕はまだ雪がちらちらと降っています。

今日は私の仲間のメルマガを紹介させてもらいます。

小豆島で竹炭を焼いているキムさんです。
竹炭職人キムの毎日が挑戦
00535798r@merumo.ne.jp

彼のメルマガは挑戦がテーマです。
昨年11月1日にも111キロを走り抜く
という挑戦をしたり
毎日禊をする
という挑戦をしたり。
また娘のネネちゃんは
奥さんと2人で自宅出産という
素晴しい体験をしているキムさんです。

私ともいろんな共通点があったり
最近は竹炭に銅板を付けてペンダント
というコラボをさせてもらっています。
穏やかで真っ直ぐなキムさんのメルマガ
是非是非、読んでみてくださいねー。

でわでわ、
素敵な一日を。

メルマガ08

燕はいいお天気です。
みなさんいかがお過ごしですか?

今日は私が感銘を受けた作品
をご紹介します。
美術の教科書などにのっており
前々から知っていた作品なのですが
6年前くらいに東京国立近代美術館にて
本物と出会いました。
そして小一時間程その作品の前で
動けなくなってしまう程の
迫力を持っています。

その作品の名は
岸田劉生の「麗子肖像」です。
みなさんもきっと美術教科書等で
見た時があるのでは。
そして、怖いと思った人も多いのでは
ないでしょうか。
その一連の作品のひとつです。

中学時代から独自で絵を学び
黒田清輝氏に師事。
白樺派として武者小路実篤氏や柳宗悦氏とも親交が深く

38歳で亡くなりました。

本物が持っている力って
直に会ってみて
初めて感じるものなのでしょうね。
知るでも見るでもなく
感じるということ。
創り上げた人が
目の前にいるような
気さえするのが本物の所以
なのでしょうね。

さて
私も本物に近づけるように
また仕事に戻るとしますか。
みなさんも素敵な一日を。

メルマガ登録解除はこちらから↓
http://merumo.ne.jp/00572692.html

メルマガ07

みなさん新月明けの一日。
いかがお過ごしですか?

本日も湯沸づくりに励んでおりました。
湯沸には「小道具」と言われる
口やつる、胴体とつるの間にある耳
そして蓋と沢山の「小道具」が
合わさってひとつの湯沸が出来上がります。

それぞれの小道具の形を見本に近づけながら
つくってゆく訳ですが
やはりその時々で微細に違うものになり
それを合わせる時の工夫も
経験を積むことによって勘所が
わかってくるものですね。

ひとつひとつの手順を
イメージして
慌てず騒がず程よい加減
ってのが大切ですね。

今日一日も
ありがたいことに目が覚めて
どんな一日にするか
布団の中でイメージしてみるのも
ひとつの時間です。

経験と可能性
その中から学んで行くのでしょうね。
可能性の中に飛び込んで
その中から学んだものを
次に活かす。
可能性の海は時として荒々しくもありますが
そこに飛び込んでみると
海の中は以外と穏やかなもの
かもしれませんね。

さて
今日はまた曇り空の新潟
静かなアトリエにて
仕事に励みます。
みなさんも
素敵な一日を。

メルマガ06

旧正月の夜
いかがお過ごしですか?
今夜は新月です。
願い事をすると叶うと言われている夜。

私は今年の始めに国旗を購入し
ことあるごとに自分の住んでいる国を考えたりしています。
そして、世界との素晴しい繋がりが広がればなと。

新月や満月。
太古から人間は自然の中で生かしてもらっていたのですね。
そんなことを大切にしたいなと思いました。

でわ、今日も素敵な夜を。

メルマガ05

みなさんいかがお過ごしですか?
大阪の大橋保隆です。

一昨日の晩は久しぶりの高速バス。
あのイスの中の自分をどう寝かせ付けるか
ってのは
とても難しいものですね。
3台のバスにほとんど満車の状態
120人もの人それぞれが
寝るための工夫をしていて
面白いものです。

なにかを選択する時
今までの経験と
何となく自分の内側で気になること
等々を天秤にかけるものですが
みなさんは最後は
どちらに重きをおきますか?

私はどうも
自分の内側を
大切にした方がよいな
と思いました。

でわでわ
明日よりはこの経験を活かして
仕事に励む次第です。
みなさんも素敵な一日を。

メルマガ04

こんにちわ。
いかがお過ごしですか?

私の一日の仕事は
薪ストーブに火をいれるで始まります。
この季節しんと静まり返ったアトリエに
火をくべること。

薪ストーブや木質燃料には
ガスや石油にはない
あたたかさがあるようです。
輻射熱とか言うらしいのですが
実体験として
火が消えてもあたたかさの持続が違います。

また薪の種類によっても
あたたまり方が違うようで
体験してみるってことは
新たな発見が様々にあります。

見た目は同じでも
または
見た目違っても
実感してみると
印象とは違うこと
ってよくありますね。

誰かとお会いする時も
先入観を持たずに
フラットでいれたらいいな
と思います。

こんな季節は
薪ストーブの上で煮物なんか
最高ですね。
やわらかな火でじわりじわりと。

それでは、素敵な一日を。

火の効用

みなさんこんにちわ。
メルマガ登録して下さったみなさん
ありがとうございます。
マイペースで日々を綴らせていただきます。


昨日は我が家の薪ストーブで
ぶり大根を炊いてみました。
薪の柔らかい火でじっくりことこと煮込み
味のしみた大根とほくほくのぶりは
この季節の幸せですね。

鎚起銅器でも火は重要です。
叩くと固くなる銅を
火で焼くことによって
また柔らかくなります。
この作業を焼き鈍しといいますが
叩く

焼き鈍し
を何十回も繰り返すことによって
器ができあがってゆきます。

この作業も
ガスバーナーで行ったさいと
コークス炉で行った際には
柔らかさの質が違うようです。
同じような温度まであがっているようですが
どうも違う。

火の質といったところ
なのでしょうか。
薪ストーブや火鉢の上に
銅の湯沸が丁度いいのは
熱伝導率がよいので
やわらかな日でも
お湯が早く沸く
からなのでしょう。
古人はそんなことを体験で
知っていたのでしょうね。

薪ストーブ

職人の家には
金山神社のお札がありますが
この金山様も火の神様です。

職人と切っても切り離せない
大切な火を
今日も大事に使わせていただきます。

メルマガ03

今日の燕は曇り空です。
屋根に積もった雪から水滴がぽたぽたと。

鎚起銅器ってのは、その名のとおり金「鎚」で叩いて「起」こす「銅」の「器」
ということで。
一枚平らな銅板を少しずつ少しずつ叩いて固くなり、火で焼いて柔らかくなりの
繰り返しです。

いつも同じ姿勢で同じリズムで同じ場所を。
と思っているのですが、知らず知らずのうちに姿勢を崩しているものです。

熱湯に入れたら跳んで逃げるカエルも、自ら徐々に熱湯にすると煮上がってしま
う、なんて話を聞いた時がありますが、人間も知らず知らずにうちにってコトが
あるのでしょうね。

普段から一呼吸おいて見直してみたり、諫言をしてくれる師匠や仲間がいること
がありがたいなと思います。
マザーテレサも愛情の反対は無関心だと言ってられたようですが、愛情があるか
ら諌めてくれるのでしょうね。

さて、また一呼吸ついたら仕事にもどります。
みなさんも素敵な一日を。
最新記事
最新コメント
リンク
ひげ職人のカウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。