スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試作品 フォトフレーム

燕はもう冬の香りです。
薪ストーブを出し
今のアトリエは木のいい香りで
仕事も捗ります。
この季節の薪いじりは楽しいですね。

さて
只今、栃尾の小林フォトスタジオさんと
http://www.koba-photo.com/
共同で進めている銅のフォトスタンド
赤ちゃんの誕生の記念に
お名前、日にち、時間、グラム数、ご両親のお名前を彫り込んであります。
まだまだ試作段階ですが
いつまでも健やかに育ちますようにと
願いを込めて製作しております。

フォトスタンド

まだまだ詰め段階ですが
完成次第upさせてもらいます。

今日も素敵な一日を。
スポンサーサイト

松ヤニ

彫金につきものの松ヤニ。
成分は松の脂に油を入れて柔らかくし
すすで黒色をつける。
とシンプルなものです。

まつやに

油の量で柔らかさが変わり
夏は固めに
冬は柔らかめにと
その季節によっても違うものを使ったりします。

なぜ彫金には欠かせないかといいますと
http://higesyokunin.blog85.fc2.com/blog-entry-27.html
このように
模様を彫るときに使います。

熱したり冷ましたりと
その状況に応じて
変幻自在に
そんな松ヤニさんです。

ペンダントの思索

ただいま
新商品の試作に入っています。
試作は本当に思索で
夢の中にも製作行程がでてきます。

改良改良を重ねながら
少しでも良いものを。

ペンダントの場合
金属は重さが問題となる場合が多いようです。
軽くて強い銅板
どっかにないかな
と思いながら
自分で作るしかない。

ブローチ

新潟県燕市らしさ
200年の伝統を受け継いだらしさを
新しさの中に
追求してゆきたいと思います。

新しい商品03

秋の曇り空には
穏やかになるお香を焚きながら
仕事に励みます。

新しく開発したお香立て
静かに時を刻みます。

香立01

香立02

香立03

香立04

新しい商品02

「宇宙和」
今回の催事のテーマであり
今後の私のテーマでもあります。

器の中に宇宙を取り込む
それが和になって器になる。
その第1弾が小皿です。

うつわ03

線は角鋤タガネで角角と。

うつわ02

うつわ01

お香をたいたり
鍵を納めるところ
ピアスを納めるところ
等々
いろんな使い方ができます。

そんな器達は
銅板の上に銀粉を散らし
それを高熱でくっつけて叩き込む
銀ロウ流しという技法で創られています。
さらさらとした部分に
銀が打ち込まれています。
仕上げは温泉の硫黄の成分で。

価値観

みなさんいかがお過ごしですか?
私は9月まで富山催事や作品展の製作などに
日々を費やしておりました。
アウトプットばかりしていたので
久々に歴史小説司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」を読み始めました。

小説や本などは著者の半生で学んできたことや味わってきたことを込められて書かれています。
それが1000円程度で読めるなんて破格と思いながら。

私の商品もそうですが、値段はついているもののその価値となると
受け取ってくださったそれぞれのお客様によって違うものですよね。
沢山の人が値段以外の所にも価値を見いだしたら
ちょっと優しい気持ちになれるのかなと思う今日この頃です。

さてひとつ告知をさせてもらいます。
お時間があれば是非。
みなさんも素敵な日々をー。

10月11日はいつもの地蔵堂にて、リエさんキムさんをお迎えして
リエさんのお話&座談会を開催します。

リエさんトークでは自宅出産のお話を。
座談会ではざっくばらんにいろんなお話をさせてもらいたいと思います。
特にキムさんには出産時の男子のことをいろいろとお話してもらいたいと思っていますので、
是非男子のみなさんもご参加お待ちしておりますー。
軽食と飲み物もついておりますので、ゆったりと楽しみましょうー。

日時:17:00 オープン/18:00 スタート/20:00 終了予定

料金:前売 1,000円 / 当日 1,200円 (軽食、飲み物付)
学生(高校生以上)500縁 / 子ども(中学生以下)無料

会場:姥ヶ山地蔵堂(中央区姥ヶ山 4-3-39)
申込・お問合せ:yasutacafe@gmail.com / 090-8610-7017(大橋)


以下、リエさんキムさんより。
======================
「私たちは、生きているだけで、最高に輝いている」
第一子を夫婦二人で自力出産。
人間の可能性を確かめたかったから。

音 々は見せてくれた。
命そのものの輝きを。

音々はしっかりと私の目を見て挨拶した。

生まれたての赤ん坊が、私のお なかの上を無我夢中で這い上がり、おっぱいに吸いつく。

私たちは無限の可能性を持って生まれてきた。
全てのものに守られて生きて いる。

3年後、第二子を主人と音々と3人で迎え入れる。
強くなくても良い。弱くても良い。
たくさん凹んだって良い。
つ まづいたって良い。
苦しんだって良い。

ただ忘れないでほしい。
その根底にはいつも

「生きてるだけで、私 たちは最高に輝いているんだ。」
という事実が横たわってることを。

新しい商品01

みなさんこんにちわ。
新潟は秋晴れです。

今日はお届けにちょうど良いドライブ日和。
山々をすり抜けてこころを込めたモノをお客様に。
気持ちのよい時間です。

さて、大和富山店様催事に向けて製作した商品を
随時アップさせてもらいます。

まずは、ご好評をいただいた雪平鍋。
 雪平(行平)鍋(ゆきひらなべ)
最も代表的な和風鍋で、蓋のない中程度の深さの片手鍋。
  汁の注ぎ口が左右両方に付いている場合が多い。煮物、茹で物、だし取りなど、
  鍋を利用する日本料理のほとんどに対応する一種の万能鍋である。
  蓋は落とし蓋を利用する。
wikipediaより

片手鍋

銅鍋は熱伝導率が良いので、煮物にも火のまわりがよう
使い易いと言ってもらっています。
ご購入いただいた方々は料理教室に通っている方が多く
「幾つになっても美味しいものを食べてもらいたいって気持ちで。」
と60代のお客様も言っておられました。

家族のあたたかさを繋ぐお手伝いできて
幸せ者です。
最新記事
最新コメント
リンク
ひげ職人のカウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。