スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

額皿作り 続きです。

続きます。

松ヤニにつけたら
先ずは裏から鏨(たがね)を使い
模様をなぞりだしてゆきます。
鏨01

鏨(たがね)の種類は100種類程
その作品により作り足してゆくので
どんどん増えてゆきます。
鏨02

裏面から出す訳なので
凹凸が逆になります。
完成系の模様を頭に入れて
模様が一番高くなるところを
一番落としてゆきます。
肉彫り裏01

肉彫り裏02


表から見た途中図
肉彫り裏途中


一通り裏から模様を打ち出したら
松ヤニを石油できれいにとり
今度は表から
軽く均します。
「均し(ならし)」とは表面にある
凹凸を滑らかにする作業です。

肉彫り表01
肉彫り表02


全体的に手を入れたら
再び松ヤニからはがし
石油できれいに松ヤニをとります。
そして裏に足を3つつけたら
カタチは完成。
肉彫り足付け


仕上げに入ります。
表面の油等の汚れをとり
硫化(りゅうか)カリュウムという温泉の硫黄の成分の液
につけ込み真っ黒にします。
(写真とり忘れました!)

模様の部分だけ磨きだし
緑青硫酸銅(りょくしょうりゅうさんどう)という混合液で
2分程に込むと
こんな感じに。
(仕上げはまたゆっくりと
 詳細をUPさせてもらいます!)

完成です。
肉彫り完成


新潟の冬といえば椿
可憐に咲く花です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このまえうちのPC調子悪く見れんかったから
やっとみれた

すごーい!!!

昔、選択美術で
銅版を打つやつで
たしかコアラを。。。なぜかコアラ打ちつくったの思い出しました(笑)

そうたしかにまっくろにして磨いてました

いやはや花びら立体具合が美しい!!!!!
尊敬っす!!!

最新記事
最新コメント
リンク
ひげ職人のカウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。