スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200年保つ住宅 五泉市村松

みなさんこんにちわ。
燕の朝はほのかな雪が舞っています。
春近しと思えばまた冬に
しかし、一歩一歩あたたかさに近づいているのでしょうね。

先日200年保つ住宅を
旧村松のマルユーさんに拝見してきました。
敷地内には寝かせてある沢山の木材があり
在庫を抱えるには困難な世の中に
地域のためにがんばっている企業なのだなと
感じた次第です。

マルユーさん01

以前から法隆寺の修復をした
西岡常一さんの本を読み
地域の木で作る建物の
重要さを知ってはいたのですが
それを実際の住宅を見た感想は
「清廉さに包まれる」です。

マルユーさん02

マルユーさん04

マルユーさん03

その住宅は300本近くの丸太を使い
ほとんど金属を使用せずに木組み工法で作られています。
木材を沢山使用している住宅は
湿気を吸ったりはいたりで
自然な環境を作ってくれ
シックハウス症候群などとは
無縁だとか。

100年、200年先にはどんな人達が
その住宅で暮しているのか
見ることも出来ないですが
イメージしてみると
きっと笑顔溢れる団らんが
あるんだろうなと思いました。

マルユーさん05

私も住宅を建てるとしたら
小さくてもいいから
こんな素敵な住宅がいいなと思いました。
高いと思われがちですが
それがどれほど耐久性に優れているか
暖房費は医療費はと考えると
もしかしたら手頃になる
のかもしれませんね。

それではみなさん素敵な一日を。


メルマガ登録解除はこちらから↓
http://merumo.ne.jp/00572692.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
ひげ職人のカウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。